※初めての方はプロフィールをご一読ください※

忙しさを捨て、自信をもってシンプルに生きる方法。

こんにちは。健康オタクのこーたと申します。

皆さんは最近忙しいでしょうか。日々に忙殺されて、自分を癒す時間は取れているのでしょうか。

 

 

忙しくてそんな時間ないよ。とにかく時間が足りないんだ。なんて思っていませんか?

たくさんの時計

 

現代は、求められる成果が大きい割に、割ける時間が短かったり、やたらと効率を求められたりします。
私生活でも、この考え方をしていしまう人がいて、息苦しそうに時間に追われている人がいます。

 

ぶっちゃけ、しんどいですよね。

僕も、常に何かやらなくてはいけない気がして、落ち着けないでいました。
でも、特に何をするわけでもなく。でも何かしないと。と不安やストレスを感じていました。

でも、忙しいのはみんな同じだから・・とか、わがまま言ってられないとか。まじめな国民性が裏目にでて、体調を壊してしまう人もいます。

というわけで、今回は
・忙しくて毎日大変
・時間がない。とにかくいろいろやることがある
・何かしていないと落ち着かない

なんて人の心が少しでも軽くなるようなお話をしていこうと思います。

 

 

実は忙しいのは自分のせい

忙しいというのは、自分で作り出してしまっているんです。

そんなことない。と思うかもしれませんが、全てを投げ捨てる事だってできるのが人生です。
もちろんそんなことできませんよね。なぜなら怖いからです。

実は、何もない、という状態を嫌う人はたくさんいます
忙しいのが嫌なはずなのに、忙しいを手放すのが怖いんです。それはなぜか。

 

忙しさを捨てられない人は、○○力が低い

人はなぜ忙しさを手放せないのか。

それは、自分で自分を認められないからです。

自分はどうしたいのか。そのために何が出来そうで、何が出来なさそうか。自分に足りないものはなにか。今何を持っているか。 自分の現状を正しく把握できない人は、自分の外の物や人、考え事に触れて回ります。
なぜならソッチのほうが楽だからです。自分と向き合うことは、想像以上に不安や恐怖が付きまといます。

 

自分を認める力。これを自己肯定感とか、自己効力感とといいます。
要するに、今のままの自分でいいと思える力のことです。この力が現代人は著しく低いです。

この力が低いと何が起こるのか

基本的には、忙しさや有能さを感じたいがために、予定を詰め込んだり、他者に依存(承認欲求の増加)したり、とにかく自分と向き合わなくなり、まるで、何かに急かされるように忙しさを演出しがちになるのです。

これが忙しさを自分で作り出してしまっている原因です。

本当にこれでいいのか?周りと違ってないか?孤立しないか?変と思われないか?
とにかく、自分がこのままの自分で本当にいいのか?という考えが止まらなくなるのです。

 

忙しさに拍車をかける日本の国民性

さらに、厄介なのが国民性です。

日本人はやたらとまじめなので単純を嫌います。なぜなら複雑だと、やっている感、やった感が出て気持ちが良いからです。

あー!難しいこと考えたな!とか。

激しい議論の末、結論が出た。いい会議をしたな。とか。

いろいろ片付けたなー!とか。

時間をかけることにやたらと美意識を感じがちです。皆さんも何となく思い当たる節がありませんか?
でもこれは、意味がありません。こういう人たちは、本質が理解できていないんです。だから、何となく複雑にしたり時間をかけて満足するんです。

何が成果につながるかわかっていないだから、手順を複雑にしたり、とりあえずあれもこれもやってみる。ルール化してみる。という必要のないことに手間をかけて、やっている感を醸し出し満足しているだけなんです。これを無駄といいます。

いい例が、無駄な残業が評価されて、定時帰りが酷評されるなんてやつです。(仕事が終わっていなければ話は別ですが)

 

無駄が引き起こす恐怖のループ

 

無駄というのは、行動に伴う成果が非常に低くなるため、自分の実力以下の結果しか返ってこなくなる可能性が非常に高まります。満足した結果が得られない、頑張ったのに報われない、なんて自己肯定感や自己効力感の低下に直結してしまいます
こういった無駄がチリとなって積もるとどうなるのか。

①無駄なことが増える
②自信が低下する
③自分と向き合うのが怖くなる
④さらに忙しさが手放せなくなる
⑤①に戻る

といった負のループが完成します。

しかしこれは致し方のないこと。なぜなら現代人は最初から自分を認める力が低いからです。
他者と依存しあい、自分の本心を隠し、表面上仲良く手を繋いでみんなでやろうという意識が強いからです。
目立つことが怖い。つまはじきにされるのが不安。自分だけが短期間で成果を上げるなんて、出し抜け感があって嫌。そう考えてしまうのが普通なんです。

でもそれでは、負ループから抜け出すことはできません。そのループから抜けるには自己肯定感を上げていくために、ひたすらシンプルな行動をすることが必要不可欠。恐怖や不安を乗り越え、できる自分を好きになる方法とは何でしょうか。

 

シンプルとはどういうことか


シンプルとは、本質が理解できていて、成果につながる行動に直結している生き方。ということです。

先程申し上げたように【自分はどうしたいのか。そのために何が出来そうで、何が出来なさそうか。自分に足りないものはなにか。今何を持っているか。】こんな感じで自分の現状を明確にすることで、自信をもってシンプルに生きていくことが可能になります。
自分と向き合うことは怖いですが、負のループから抜け出すには、これが唯一の方法だと思っています。

そのために、無駄を省き、目標を正しく設定し、ゴールしていく必要があるわけです。そこで重要になってくるのが目標達成のためのテクニックです。それを今からご紹介していきます。

必要なことはスモールステップ&スモールゴールの設定

はい。今回一番お伝えしたかったのは、このスモールステップ&スモールゴールです。

この方法こそが、自分に自信を持たせ。シンプルな生き方をするために必要な考え方のになります。
それでは、このテクニックを使った、目標達成までの道のりを解説していきます。

目標達成の為のテクニック

・目標は1つに絞る
・本当に自分がやりたいことを目標にする
・なぜこの目標を立てたのか忘れないために記録しておく
目標のために出来る最小の1歩を考える(重要)
・1歩目標に近づくたびに、ご褒美を作る
・達成率を主観でいいので記録する。
・また最小の1歩を考える
人は簡単に変わらないことを理解する。(最重要)

以上が目標を達成するために必要なテクニックになります。

最小の1歩とは、目標が達成率100%だとしたら達成率が1%上昇する行動のことです。(最終目標が10キロ走るなら、靴を履くとか)
そして一番重要なのは最後です。
人は必ず失敗します。習慣が途切れることもあります。毎日出来ない事もあります。でも、それでいいんです。それが人間なんです。

重要なのは、最終的に目標を達成することです。何年かかってもいい。毎日できなくても。とにかく最少の1歩を積み重ねることが大切です。失敗は、目標を達成することを諦めた時です。1週間できない時もあるでしょう。1か月できない時もあるでしょう。でも、あきらめない限り失敗じゃありません。また最小の1歩を歩み始めればいいんです。それでいいんです。

 

まとめ

とにかく続けることが、自信をもって生きる方法だと僕は思います。最初は必ず失敗しすると思います。なぜなら自分を認める力が低いから。
僕も何年も続けている習慣がありますが、自分に自信があるかと言われると、即答できません。

ですが、続ける力だけが、自分の生き方を変える唯一の方法だと、僕は信じています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

まとめると、自分が必要だと思う、成果が上がると思うことだけを考えて行動すれば、時間が節約できて、心も満足して、余裕をもって生きていけるんじゃないのってことです。(正解か不正解かとか気にしないこと)

 

あれもこれも。と考えるより、これ!って一つだけに考えを絞りましょう。

僕もいろいろやりすぎて、テンテコマイにになっていたので、今日はこれだけやろうとか決めてます。

皆さんも自分なりのシンプルな考えを見つけるといいんじゃないですかね!

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 

↓他の記事はこちらから(ランダム表示)↓

皆さんこんにちは、健康オタクのこーたです。 ・なんだか気分がすぐれず落ち着かない ・普段から疲れやすい ・嫌なことをつい考える なんて人は、姿勢の悪さが精神的に悪影響を及ぼしている可能性があります。 今回は、そういった方々に向けて、考えられる原因と解消方法についてお話します。   目次 1 […]

QOL。クオリティオブライフ。すなわち生活の質。これらはみんなが上げたいと思うものの一つである。 そもそもQOLとは何なのか。以下ウィキペディア参照 クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life, QOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた『生活の質』のことを […]

皆さんこんにちは、健康オタクのこーたです。 今回は、高圧的な人をうまくかわす対応方法をお教えしたいと思います。 悪い人間関係は心の不健康の原因の一つです。特に高圧的に接してくる立場の上の人との関係って難しいですよね。 ・上司や先輩、ママ友とウマが合わないが、人間関係がうまく切れない ・やたら怒ってき […]

一人で抱えずに、相談してみませんか?

悩み・愚痴・相談、誰かに話したいけど、知り合いには言いにくい。
そんなお話を私が受け止めます。
詳細は、下のボタンからココナラというサイトを覗いてみてください。

こーたのページを覗いてみる