※初めての方はプロフィールをご一読ください※当ブログは【パニック・ストレス・不安・対人関係】を改善していくヒントがのっているブログです。

メンタルの改善に効果あり!?な食品・サプリ10選

 

6・プロバイオティクス


腸内細菌

こちらも腸内環境を整えるのに必要なモノになります。

わかりやすく言うと、乳酸菌などのことです。

発酵食品であるキムチ・納豆・ヨーグルト等も積極的にとりましょう。

ですが、食物繊維のところでも言いましたが、腸内環境を改善するにはかなりの量が必要です。

ですのでこちらもサプリメントを頼りました。

こちらもiherbというサイトで格安で購入できます。

 

僕が実際に購入した【プロバイオティクス】のサプリのリストはこちらをクリック

 

日本の薬局にもビオフェルミンなどがおいてありますが、海外製品に比べると菌の配合量が少ないので、思い切って海外製品を使いましょう。

 

7・ビタミンD


ビタミンDを含む食品群

実はビタミンDは精神系に大きな影響を及ぼすと示唆されています。

そもそもビタミンDは、日光に当たるときに作られたり、食品から摂取する必要があるのですが、必要量が足りていない人がほとんどなのではないかといわれています。

そのため、サプリメントでビタミンDを摂取することで、多少なりともうつに有効なのではないかということです。

僕も実際取り始めてからは、多かれ少なかれ体調不良を感じなくなりました。

くどいようですが、iherbで購入しましょう。

男性は5000IUを一日おきに1粒、女性は2000IUを一日おきに1粒が目安らしいです。

僕が購入した【ビタミンd】はこちらのリストから

 

参考元:栄養素の説明 – ビタミンビタミンD(オーモソレキュラー栄養医学研究所)

8・マグネシウム


マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムは先ほど挙げたビタミンDの吸収効率を助ける働きがあります。

それ以外にも骨や筋肉、臓器、脳機能を調節してくれたりと、とても重要なミネラルの一つです。

うつ、不眠、糖尿病、心疾患の予防にも効果があると言われています。

不足すると間違いなくメンタルにダメージが入ります

マグネシウムが多く含まれている食材は、そば、わかめ、ほうれん草などが一般的ですが、多く摂取しようとしてもなかなかできませんよね。

ここでもサプリメントを使用します。もちろんiherbです。

僕が購入した【マグネシウム】はこちらから

 

参考元:心と体の健康にマグネシウム(iHerb ブログ)

 

9・アシュワガンダ


アシュワガンダの粉末

こちらはストレスや不安に効くと言われているアーユルヴェーダ(インドの医学)由来のハーブです。

日本ではあまりなじみがないと思いますが、ハーブの中では有名な方だったりします。

主に男性機能の向上、不安感の減少、脳機能の向上、免疫力の強化等が認められています。

僕は、筋トレからアシュワガンダを知り今まで飲み続けていますが、ストレスに効くかといわれると・・・はっきりと言い切ることはできません。

ですが、実験などで効果が認められている数少ないハーブですので、取り入れる価値はあるのかお思います。

一日に300㎎~600㎎の範囲で使用しましょう。

お決まりのiherbで購入しましょう笑

僕が購入した【アシュワガンダ】はこちらから

参考元:アシュワガンダとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説(alloeh)

 

 

10・ナッツ


ミックスナッツの写真

最後はまさかのナッツでした笑

ナッツというよりも、質のいい油を摂りましょう。ということを伝えたいです

4・タンパク質で伝えたように、鯖缶などに含まれるオメガ3といわれる油には、精神疾患に対して有効であるという研究結果も出ているくらいです。

その逆もまたあり得まして、トランス脂肪酸やキャノーラ油等体に悪い油をを摂取していると、うつや気分障害になる可能性が高まる。という結果もございます。

日常生活でできるだけ避けておきたいということは言うまでもありません。

 

僕は、毎朝ミックスナッツを一握り程食べて、他に必要な油はバターやオリーブオイルでまかなっています。

僕が購入しているミックスナッツです。塩・油不使用でこのコスパ最強です。

 

参考元:うつになりやすい食べ物|油の選び方で予防につながる!? 栄養精神科医が指南

 

 

まとめ


最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回紹介した食品は必ずしも効果が出るわけではありません。
一度食べたからといってすぐに効果が現れるものでもありません。

ですが、始めたら10個のうち1つは何かいい兆候が現れるかもしれません。それは食べ続けて初めて分かります。

今回の記事の食品を何か一つでも取り入れてみてください。そう難しくないはずです。

この記事を読んだことがあなたにとって、少しでもプラスになることを願っております。