※初めての方はプロフィールをご一読ください※当ブログは【パニック・ストレス・不安・対人関係】を改善していくヒントがのっているブログです。

【頑張っているのに報われないあなたへ】自分でコントロールできる範囲を知る

頑張るとは何なのか。頑張るとはどういうことなのか考えたことはありますか?

僕は、頑張るとは【コントロールしようと努めること】だと思います。

 

物事はできれば自分でコントロールしたいものですよね。

これだけ頑張ったから、これくらいの成果が得られる。と明確であればがぜんやる気は出るものでです。

 

でもそうは行かないのが世の常。様々な因果によってもたらされる結果は変わってきます。

 

 

しかし、そうとも知らずコントロールできないものを、コントロールしようと躍起になるのが人間です。

そこに体力を使っていては、なんとも生きにくい世の中だと感じてしまいます。

 

なんでうまくいかないのか。こんなにやったのに。・・・こう思うことは少なくありません。

 

 

例えば、テスト。どんなに勉強を頑張っても、テストで満点が取れるとは限りません。

仕事もそうです。うまく進んでいても急に仕事がなくなることだってあります。たくさん残業しても、仕事が認められない時もあります。

 

過程と結果は必ずしも比例しません。悲しいですが、あなたの努力も水泡に帰してしまうこともあるでしょう。

ではどうしたら必要以上に頑張らなくて済むのか。空回りしないでい済むのでしょうか。

 

 

 

私の結論としましては、【自分でコントロールできる範囲を知っておくこと】が重要だと思います。

つまりどういうことなのか。

 

例えば教育を例に出しましょう。

あなたは勉強を子どもに教えたいと思います。部下に仕事を教えると仮定しても構いません。

あなたが教育した相手が、思ったより成果を出せなかったとします。

あなたは、どう思いますか?

あんなに教えたのに。あんなに頑張ったのに。なんでできないんだ。なんでわからないんだ。と思うかもしれません。

 

しかし、このように思うのはお門違いです。

ここでは、あなたがコントロールできることは1つしかありません。それは【自分の教え方】です

どのように教えるか。どれくらい教えるか。どんな手段で教えるか。このくらいしかコントロールできません。

 

どんなにあなたが頑張っても、相手の成果や認知をコントロールすることはできないのです

あなたが100の成果を望んでも、相手が80の成果でいいや、と思っていれば成果は80しか出ませんし、あなたがどんなに教えても、相手に覚える気がない、もしくは間違った覚え方をしていていては、確実にその教育は無駄になります。

あなたがここで頑張るべきことは、自己満足でいいからどう教えるのかを考えることです。相手の為に、と考えるのは体力の無駄使いなのでやめましょう。

まとめると、自分の行動はコントロールできるけど、結果や相手の行動をコントロールすることは出来ない。ということです。

 

これに気が付くだけで、無駄な頑張りが減り、ぐっと楽になります。

 

 

 

上記でも話したように、自分でコントロールできる範囲はかなり小さいものなのです。ですが、その小さい範囲内は必ず自分でコントロールできます。その範囲を考えておくことで、それ以外のコントロールできないところに無駄な努力を割かなくて済むのです。

自分にできることを自分のペースでやるのが一番効率のいい頑張り方だと僕は思います。

あなたも、自分でコントロールできるところを見極めてみませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

↓他の記事はこちらから(ランダム表示)↓

昨今、ブラック企業だの働きすぎだのと叫ばれる世の中。僕も行き過ぎた指導や労働には大反対です。 僕もブラックな環境でつぶされた人間ですので気持ちがよくわかります。 仕事面倒くさい・・・行きたくない・・・何度思ったことでしょうか。 そうして無理に頑張った挙句、2年間の引きこもりからのパニック発作を起こす […]

QOL。クオリティオブライフ。すなわち生活の質。これらはみんなが上げたいと思うものの一つである。 そもそもQOLとは何なのか。以下ウィキペディア参照 クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life, QOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた『生活の質』のことを […]

自分らしさというのは。生きていくうえでとても大切なことです。 自己肯定感とか、自己効力感とか、聞いたことありませんか?これは自分らしさを受け入れて、自分を認めることで育っていきます。 しかし、なかなか自分らしさというのは解らないものです。   そもそも、具体的に自分らしさとは何か、と考え始 […]